自己点検でシロアリを早期発見~準備と発見するポイント~

シロアリが発生すると家のあらゆる部分に不具合が生じます。 シロアリが発生すると家のあらゆる部分に不具合が生じます。

自分でシロアリ点検をして早期発見に繋げよう

シロアリを見かけた、またはシロアリが居ないのか確認したい方はまず、業者に頼む前に自分で点検をしてみることもおすすめです。ここでは自己点検の方法、シロアリを見つけるポイントをご紹介します。

床下は特に注意が必要

シロアリ対策 シロアリは暗くて湿気の多い環境を好むので、床下には特に注意が必要です。特に湿度の高い床下といえば、浴室や洗面所なので、シロアリが発生する可能性が高いと言えます。そのため洗顔後やシャワーをした後は、湿気ている空気を入れ替えて、床が濡れた状態になったらきちんと拭き取るなど、シロアリ対策を日頃から行うようにしましょう。

自分でできる床下の点検方法

必要な物を準備する
点検を行う際、必要なものがいくつかあるので事前に準備をしておきましょう。床下は暗いので懐中電灯は必須です。またシロアリが潜んでいそうな木材を突くためのハンマーなどもあると役立ちます。着用する服装は、汚れても良いものがベストです。埃が多いのでマスクや軍手をするようにしましょう。また、手鏡などの小さい鏡があると便利です。何かの障害物で、見えない箇所を見るために使用するなどができます。
もぐる
床下という空間は狭くて暗い場所であるので、何かしらの危険を伴います。そのため一人で作業を行うことは避けましょう。一人がもぐって、入り口付近にもう一人誰かを立たせるようにし、声を掛け合うなどをするとより安全です。狭い空間を移動するには緊張感が生じ、多少の疲労を伴います。少しでも疲労を感じたら休憩を挟むようにしましょう。
点検する
床下にもぐった時にカビ臭い、空気が湿気ている感じがする場合にはシロアリが発生している可能性が高いです。柱やなどの木材部分をよく観察し、周辺に蟻道がないか探してください。シロアリは基本的にはあまり飛んで移動することはなく、木部と地面とつながりを持って生息しています。そのため歩いた後にはほぼ蟻道があります。押すときしむ箇所がある場合は、その場所の周囲に蟻道がないかどうかを確認するといいでしょう。

TOPボタン