シロアリ対策をするには早期発見が重要~自己点検のポイント~

シロアリが発生すると家のあらゆる部分に不具合が生じます。 シロアリが発生すると家のあらゆる部分に不具合が生じます。

シロアリ対策はまず早期発見するが大切

シロアリの被害を防ぐには、日頃の定期的な点検をすることが大切です。シロアリが発生した場合には形跡が必ずあるので、それを早く発見することも重要です。今回はそれらのポイントをご紹介します。

シロアリを早期発見するためには~シロアリ対策業者に聞きました~

シロアリを早期発見するためのポイントを教えてください。
家の基礎や土台に、蟻の排泄物でできた蟻道や蟻土がないか、よく注意をして見てください。湿気が多い場所はシロアリが好む環境なので、よく観察をしてみると良いでしょう。その際にお風呂場や洗面所の床や柱を触ってみてください。ブヨブヨしていたりカビの臭いがしていたりしたら要注意です。また、その周辺に羽のあるアリを見つけたらシロアリに侵されている可能性が高いです。小さな虫ですが住居に大きな被害を与える可能性もあるので早期駆除が大切です。
自分でできる点検ポイントはありますか?
私たち業者に依頼する前に、自分で点検する方法がありますので、いくつかご紹介します。家の中の柱や壁を叩いてみてください。空洞のような音が聞こえると要注意です。またシロアリは蟻道を作る特性があるので、蟻道が作られていないかよく観察してみるのもよいでしょう。家の庭や自宅で羽のついているアリを見かけたら住宅内でシロアリが繁殖している可能性があるので、早めに業者に相談をすると大きな被害を防げるかもしれません。

シロアリの形跡に気付く方法

蟻道を見つける
シロアリは地中から土でトンネルを作って建物へ侵入してきます。建物の柱や床下などの周辺を調べて、基礎や束石・土台などの表面に蟻道ができていないか、ときどき見るようにしましょう。
蟻土を見つける
シロアリは適度な湿度を必要とする特性があるので、風や光を嫌います。その環境を保つため、隙間のある個所に自分たちで運んできた土を詰め込んだり、土を盛り上げて嫌いな風や光を遮断します。
食痕がついているか
シロアリは明るいところを嫌うので、内部だけを侵食し、表面は残してある場合が多いです。一見見た目だけでは判断が難しいのですが、シロアリが潜んでいそうな箇所を固いものを使って掘り返してみると、簡単に壊れてしまいます。特に被害の大きい箇所は内部がほとんど空洞になるので、叩いてみると空洞音がするのも特徴です。

早期発見することでこんなメリットがある

白蟻被害

シロアリを早期に発見する事で、住居の被害を最小限に抑える事ができます。早く見つけることで出費はあるものの、低い出費でシロアリ対策できるかもしれません。しかし、遅く見つけた場合は、結果的に大きな出費になる事があります。そういった点でも早期発見は重要ともいえます。

早期発見によって被害の拡大を抑えられる

今までにシロアリを見たことない人は、珍しい色のアリがいるな、といって気が付かなかったりするケースが多くあります。自分の家でシロアリが発生するなんて予想もしていなかった方もいて、深く考えないこともよくあります。一度シロアリが発生したら、これ以上被害が拡大しないように迅速に駆除を行うことが必要です。また、シロアリが再び発生しないようにシロアリが嫌う環境作りを積極的にとることも重要です。

TOPボタン